近頃よく耳にする ブロック というキーワード。

 

恋愛や結婚 のブロック

仕事 お金 のブロック

人間関係 のブロック

親子関係 のブロック

夫婦関係 のブロック

 

などなど、、、

 

それらを手放す方法やアイディアも、

世の中に沢山あります。

 

そもそも、ブロックとは??

 

 

= 思い込み 概念 のことです。

 

観念 信念 思考パターン 常識 価値観 ルール

感情的な、こだわり・とどこおり・執着
(どーしても許せない、わかってもらいたいetc)

ブロックと呼ぶときは
「 生きる活動の制限となっている
ネガティブな観念(概念)全般 」のことです。

 

 

ブロックの中には、

あっさりカンタンに外れてしまうものもあれば、

なかなか外れないブロックもあります。

 

なぜ、外れないのか?

 

それには、いろいろな要因がありますが、

 

・ まずは、気づいていない(無意識、わからない。)

そして

・ 意識的 または 無意識的に

「絶対に、手放さないぞ!」と
握りしめている/こだわっている からです。

 

つまり、

 

願望( 手放したい )よりも

本心( 手放したくない )のほうが、優位な状態。

 

その本心(ブロックを手放さない理由)は いろいろですが、

 

たとえば、

 

・ 「 わたしは、悪くない。」
悪いのは相手なんだから、わたしは譲らない=変わらないよ。

・ 「 わかってもらいたい。」
わかってもらえるまで、
ここから一歩も動かないぞ。

・ 「 イヤなものから逃避したい。」
そのための自分を正当化するための言い訳。

~だからできない ~のせいで、~があるからできない、、、等々
= 〇〇のせいであって自分は悪くない。

その 〇〇がブロックそのもの であるため、

「 言い訳である〇〇 」を手放したくない 

→ 変わらない、、、という現実の維持。

 

その「 こだわりの強度 」が強ければ強いほど、

ギュッと握りしめて離さない=変わらない状況が続きます。

 

 

いろいろなブロック解除的なワークを受けたのに

なかなか「 外れない 」という方のためのワークをご提供いたします。

 

ブロックを手放しずらくしているブロック
手放すワーク です。

 

ブロックは、あれこれ「 言い訳 」します。

それは「変わらないための、それぽい、妙に納得してしまいそうな、理由」です。

変わらないために、手放さないために、必死に言い訳をするのです。

 

そのため、このワークでは、

ご本人の「 本当の意味での、手放す意思 」が必要です

 

いくら良い方法や手段があっても、

「手放さない、という選択をする」のであれば、それは起きません。

 

ギュッと握っている手を、ギュッと握っている本人が、

チカラをゆるめる、という選択をしなければ、

グーの手は、パーに開かれることはありません。

 

 

ブロックを手放しずらくしている共通点 は

 

・ 自己観察 ができておらず、気づかず、認めようとしない。

・ なにかや誰かのせいにすることが「あたりまえ化」している
「 ~のせいで。」「 ~が悪いから。」「 ~だったから、こうなった。」

・ 自分のことを「 可哀想 」とおもっている。
それゆえに、外(他者/世界)を責めたり批判する。正当化。被害者意識。

・ 自分を責めることで、なにかをやったつもりになって終わっている。
(自分が悪い、自分のせいだ、と自分を責めるだけの繰り返しで終わっている。)

 

 

→ そのため、

ブロックを手放すためには
「 この逆のアプローチ 」が必要です。

 

「 自分自身を観察し、気づき、認めること。」

なにより

「 なにかや誰かのせいにしない/責任転嫁という言い訳に逃げこまない。」

そして

「 自分を責めるという言い訳に、逃げこまない」が大事です。

自分を責めても、
自分を観察したり、気づいたり、認めることの代わりにはなりません。

 

 

ここまでの内容をご覧になっただけでも

「そっか、、、!」 と あっさり納得=受け入れ=変容が起きる方もいます。

 

それぐらいシンプルなことなのですが、

なかなか視点を広げられない場合、

こだわりの強度 が 強ければ強いほど、

「 観念/エゴが納得する=気が済むまでの時間 」が必要になりますので、

セッション期間 1ヶ月 という期間を設けました。

 

とはいえ、時間をかけたからといって

「そっか、、、!」となるわけではありませんので

ブロックを手放すことへのコミット(決意)がある方、お申し込みください。

 

 

料金


30,000円(メールのやりとり/1ヶ月間 )

※ 期間中のメールのやりとりの回数に決まりはなく、無制限です。
お好きなペースで、必要なだけ、メールのやりとりが可能です。

メールフォーム

根深いブロックには、こちらのメニューを。

日常的なブロックには お悩み解決ヒーリング もご利用ください。